夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです

4.01
  • (180)
  • (203)
  • (120)
  • (22)
  • (4)
本棚登録 : 2262
レビュー : 225
著者 :
くろねこ・ぷぅさん 読み応えあり!   読み終わった 

1Q84 Book1~3の2回の読了後、楽しみに読みだしたはずが、村上ワールド一色はムリと感じ約5年もたってやっと今、読了。(その間に色彩のない-や女のいない-は読んだが)
これを読んで、今までの長編小説をもう一回読もうと思った。
村上氏の話す事柄は人として生きるための良き心の在り方の指針となるように思う。村上氏は執着のないクールで、どろどろしたものから遠い、感情的にならない都会の人という印象があるが、違うみたい。 村上氏の言葉に感激しながら読んだ。

「健全な肉体に不健全な魂」というのには深く共感。わたしも芸術家は身体的に健康であってほしいと願う。ニコチン中毒の作品に触れるのはノーサンキューと常々思っているので、

目覚めながら夢を見ているっていうのは、村上氏は書いている内に知らず、瞑想してるんだなと思う。

レビュー投稿日
2015年4月20日
読了日
2015年4月20日
本棚登録日
2015年4月20日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』のレビューをもっとみる

『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』にくろねこ・ぷぅさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする