黒い家 (角川ホラー文庫)

3.84
  • (1164)
  • (1501)
  • (1425)
  • (163)
  • (38)
本棚登録 : 9482
レビュー : 1276
著者 :
林檎飴甘さん ホラー小説   読み終わった 

これぞホラーと言いたくなるくらい怖い。
実際にも保険金に絡んだ事件は多いけれど、これほどまでに陰湿な空気をまとってはいないだろう。
この世で一番怖いものは人間だ。
常軌を逸した人間は、もはや人とは呼ばれない化け物なのかもしれない。
心理描写が細かく、余計に怖さが増してきた。
何となく、どこかで似たようなことが起きていそうで・・・。
構成がしっかりしているためにブレがなく、不気味な展開に一気に飲み込まれてしまった。
怖くてたまらないのに読むのを止められない。
この怖さは読まなくては味わえない・・・でも、心が弱っているときに読んだらちょっとマズいことになりそうなくらい。
冒頭から一気に物語の世界へと引き込む上手さはさすが。
でも、貴志さんのホラー系小説は怖すぎて少し苦手かも。

レビュー投稿日
2017年3月1日
読了日
2017年3月1日
本棚登録日
2017年3月1日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『黒い家 (角川ホラー文庫)』のレビューをもっとみる

『黒い家 (角川ホラー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする