クラシックシリーズ1 千里眼 完全版 (角川文庫)

3.66
  • (46)
  • (70)
  • (87)
  • (11)
  • (4)
本棚登録 : 568
レビュー : 55
著者 :
林檎飴甘さん サスペンス   読み終わった 

岬美由紀は元航空自衛隊自衛官だった。
臨床心理士として実績を積み、いまや数え切れないほどの賞を授与され、その能力も高く評価されている。
わずかな筋肉の動きや視線の動きから心理を読み取る。
美由紀の能力が優れている点ははカウンセリングだけでなく、瞬時に何をすべきか判断できる対応力にあるのだと思う。
恒星天球教をまとめる真の黒幕が明らかになったとき、彼女もまた平常心ではいられなくなる。
そんな美由紀を救ったのは、共に行動してきた刑事の蒲生だった。
次々と明らかになる恒星天球教の悪行。
そして、ずっと信じ尊敬してきた人の裏切り。
情け容赦のない身勝手な論理に、美由紀だけでなく蒲生にも強い怒りを覚える。
迫り来る危機を回避するために、再び美由紀は行動する。
たとえ、後になってそれが批難されようとも、いま自分が成すべきことをする。
「千里眼」シリーズの第1弾である。
専門用語も多く、説明描写も多い。
だが、とても読みやすい。松岡さんの筆力の成せる技なのだろうか。
後半部分の緊迫感あふれる展開が新鮮で面白かった。

レビュー投稿日
2017年3月13日
読了日
2017年3月13日
本棚登録日
2017年3月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『クラシックシリーズ1 千里眼 完全版 (...』のレビューをもっとみる

『クラシックシリーズ1 千里眼 完全版 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする