GOTH 僕の章 (角川文庫)

3.68
  • (1088)
  • (1138)
  • (2176)
  • (137)
  • (28)
本棚登録 : 9718
レビュー : 803
著者 :
林檎飴甘さん ミステリー   読み終わった 

短編集。
叙述トリックが得意な作家は他にもいるけれど、乙一さん独特の世界観と相俟ってその効果は倍増しているように感じた。
「騙されたっ!!」と気づいたときは悔しいけれど、「こうきたかっ!!」という楽しさの方が勝っている。
短篇にもかかわらず妙に心に残る。
そんな物語が収められている「夜の章」と「僕の章」。
特に「土」が印象に深く残った。
合わない人には徹底的に合わない作家なのかもしれない。
それでも、読まずにいるよりは試しに1回は読んでほしいなぁと思う作家のひとりだ。
もっとも時代小説などを普段読んでいる年配の人たちにはきっと無理だろうなぁとは思うけれど。
あとがきもぜひ読んでほしい。
乙一さんの作品が好きな人はきっと楽しめるはずだ。

レビュー投稿日
2017年3月1日
読了日
2017年3月1日
本棚登録日
2017年3月1日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『GOTH 僕の章 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『GOTH 僕の章 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする