時生 (講談社文庫)

3.76
  • (1475)
  • (1832)
  • (2176)
  • (266)
  • (55)
本棚登録 : 14161
レビュー : 1345
著者 :
林檎飴甘さん 一般小説   読み終わった 

数ある東野作品の中でも好きな作品のトップクラスにくる物語だ。
拓実には余命いくばくもない息子がいる。
残された時間はもうわずかだ。
そんなとき、拓実は妻に二十数年前に出会った少年の話をはじめる。
若い頃の拓実は投げやりな人生を送っていた。
そんな拓実の元にトキオは現れた。
やる気のない拓実をときに叱り、ときに励まし、消えた千鶴の行方をふたりで捜しはじめる。
どんなストーリーなのか?
骨組みだけを説明するなら3行で済んでしまいそうな、どこにでもあるような、誰にでも思いつくようなストーリーである。
でもそこに、東野圭吾という作家の手が加わったとき、ありきたりなストーリーは感動的な切ない物語へと変貌する。
拓実とトキオ、ふたりの場面が楽しい。
まさに生きている!!と実感させるトキオの行動力や真剣さが、後々になって切なさを倍増させる。
読んでいて本当に面白い。
面白いのに、最後の最後に感動が押し寄せてくる。
やっぱり東野圭吾はすごい…とあらためて実感させられる物語だと思う。
多くの人に読んでほしい。
そして、最後まで大切に物語の世界に浸かりきってほしい。
きっと何にか得るものが必ずあるはずだから。

レビュー投稿日
2017年3月6日
読了日
2017年3月6日
本棚登録日
2017年3月6日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『時生 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『時生 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする