「三島由紀夫」とはなにものだったのか (新潮文庫)

3.50
  • (22)
  • (25)
  • (39)
  • (4)
  • (8)
本棚登録 : 306
レビュー : 31
著者 :
booksusagiさん  未設定  読み終わった 

誰かの言葉を借りない、筆者独自の三島論はとても説得力がある。
切腹事件に振り回されて(幻惑されて)いないことも、当然なのですが爽快。

レビュー投稿日
2015年5月26日
読了日
2015年5月26日
本棚登録日
2015年5月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「三島由紀夫」とはなにものだったのか (...』のレビューをもっとみる

『「三島由紀夫」とはなにものだったのか (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする