世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)

4.23
  • (357)
  • (259)
  • (107)
  • (22)
  • (10)
本棚登録 : 3222
レビュー : 351
著者 :
boompanchさん  未設定  読み終わった 

論理的思考、客観的事実から導かれる帰結がコモディティ化し、差別化ぎ出来なくなってきた今、
アカウンタビリティー(合理性)、クラフトマンシップ(実績、職人)、ではない、アートの世界が勝負所となる。

美意識というのがマイブームになりそう、非常に面白い本。

レビュー投稿日
2019年6月21日
読了日
2019年6月21日
本棚登録日
2019年6月21日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるの...』のレビューをもっとみる

『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)』にboompanchさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする