意識はいつ生まれるのか――脳の謎に挑む統合情報理論

4.03
  • (52)
  • (61)
  • (27)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 712
レビュー : 64
boschさん 人文科学   読み終わった 

”意識”というものをどうやって測るのか?
この難題に様々な理論、臨床試験を経て迫っていく過程を分かりやすく解説する。

普段意識することは無いが、わずか1.4キロの物体である脳がこの”我”の思考、記憶、全てを司っているかと思うと不思議な感覚になる。
特に覚醒時、睡眠時、植物人間などの明確な違いを様々な方法で浮き彫りにしていく過程は面白かった。
こういう、最先端の脳科学や医学を分かりやすく書いてもらうと全く専門知識が無くても色々知ることが出来て有難い。

レビュー投稿日
2019年1月1日
読了日
2018年12月31日
本棚登録日
2018年11月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『意識はいつ生まれるのか――脳の謎に挑む統...』のレビューをもっとみる

『意識はいつ生まれるのか――脳の謎に挑む統合情報理論』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『意識はいつ生まれるのか――脳の謎に挑む統合情報理論』にboschさんがつけたタグ

ツイートする