本の中で「ケンブリッジファイブ」のことをさりげなく触れているのですが、この部分を膨らませてほしかった。もちろん、話に聞いたこと、伝説として伝わっている事柄が多くなりそうですが、興味をもってその部分を読ませてもらいました。著者の文章の持つ磁力の強さ、上手さは言うまでもありません。

2013年3月2日

読書状況 読み終わった [2013年3月2日]
カテゴリ undefined

非常に面白い本です。ピタゴラスの「天体の音楽」、宇宙は数で構成されている、音楽の音階がオクターブごとに反復されるように、自然の中の全ても同じように構成されている。「周期的に反復する性質を持つ現象はどんなものでも測定できる。測定できるものは理解できるし、理解できるものは変えることができる、などなど考えさせられることが多い本です。そこから始まり、ヘルメス・トリスルギトスの論にも言及する。宇宙の波動はごく省の原資の波動と同じ動きをしており、しかも両者の間には相互作用がある。ぜひとも一読を。

2013年3月2日

読書状況 読み終わった [2013年3月2日]
カテゴリ undefined

著者がアメリカでの体験談を述べた本。私もアメリカでの生活体験から同じように感じたことが多々あります。それにしても著者の人種という複雑で扱い難いテーマをストレートに扱ったことに対して「乾杯」。

2013年3月1日

読書状況 読み終わった [2013年3月1日]
カテゴリ undefined

この本は大変面白かった。特に作者のマーラーの音楽に対する思い入れには、同感です。

2013年2月28日

読書状況 読み終わった [2013年2月28日]
カテゴリ ミステリー小説
ツイートする