シーソーモンスター (単行本)

3.72
  • (55)
  • (177)
  • (137)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 1490
レビュー : 187
著者 :
breadandbookさん  未設定  読み終わった 

昭和の終わりが舞台の「シーソーモンスター」と近未来の「スピンモンスター」2編。螺旋プロジェクトのもの。
シーソーモンスター
元スパイの妻は姑と仲が悪い。これは相性の問題なのか(山の人間? 海の人間?)。義父は事故死、その事件に関係する浮浪者もその後、亡くなっており妻は義母に疑いを持つ。昔のスパイ機関より情報を求め真相を探る中、夫が誘拐されてしまう。すべての真相は、そして姑との戦争はどうなるのか。
スピンモンスター
人工知能が発達し幅を利かせている2050年。E-mailではなく、情報が残らない手紙を運ぶ仕事をする水戸。移動中の新幹線で隣に座る男より突然、もうすでに報酬は入金してあるとも言われ、依頼を受ける。しかし、それが大事件となって水戸に降りかかる。人工知能の破壊に関わる内容であった。水戸は子供の頃、車の旅行中に事故で家族を失っている。その事故で水戸同様家族を失った檜山。山の人間と海の人間か。檜山は正義感ある警察官であり、水戸を追い詰める。
伊坂さん独特の会話の面白さで、あっという間に読み終えました、面白かったね。しかし、登場人物の魅力にややかけるような気もするけれど、それじゃ螺旋プロジェクトの一部のせいかもしれんね。個別に楽しめるようだけれど、螺旋の全部を読んでどうつながっているのか味わいたいです。しかし、うまくまとめているなあ。人と人との対立の物語かなあ。スピン〜の方はこんな未来になっちゃうのかなと怖い気もしながら読みました。

レビュー投稿日
2019年6月11日
読了日
2019年6月9日
本棚登録日
2019年6月11日
11
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『シーソーモンスター (単行本)』のレビューをもっとみる

『シーソーモンスター (単行本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする