雨晴れて月は朦朧の夜―自選恐怖小説集 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.21
  • (0)
  • (4)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
感想 : 9
4

 陰陽師シリーズ以外の作品を読むのは初めてです。短編なので、さらっと読むことができるかなと思い、読み始めました。
 夢枕獏さんのホラー作品を集めた短編小説です。陰陽師もゾっとする物語が多くあったので、覚悟して挑みました。
 夢枕さんは文章の描写が想像しやすいので、小説で書かれている内容が頭の中に鮮明に浮かんできます。幼いときに放送されていたときの世にも奇妙な物語のようでした。(最近は不思議体験のような話を放送しているように思いますが、昔はベタベタの怪談でした。)
 中でも、「中有洞」の描写が特に怖かったです。あとがきに「知人から聞いた」とあり、実際はもっとシンプルで怖かったとあり、「めちゃめちゃ怖かったのにもっと怖いの!?」と思いました。
 ホラー小説はあまり得意じゃないので、読んだ後はどっと疲れます。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 夢枕獏
感想投稿日 : 2017年9月22日
読了日 : 2015年7月31日
本棚登録日 : 2017年9月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする