文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)

3.97
  • (555)
  • (303)
  • (559)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 3165
レビュー : 285
著者 :
くーさん 京極夏彦   読み終わった 

 もー、この本大好きです。何回目かわからないくらいの再読です。4、5回目かと思われます。でも何度読んでも楽しいのが京極さんの作品です。
 やっぱり榎さんはかっこいいですし、魅力的です。最初はこの神様目的で百鬼夜行シリーズ読んでいたなとしみじみ思いました。榎さんの人気が高いのもわかる気がします。
 でも、今1番大好きな関口くん。作品の中で登場人物が話題にあげるたびにワクワクして仕方ないです。
 そして最後の山嵐のお話で待ちに待った関口くんご本人が登場。通勤の電車で読んでいたのですが、ドキドキが止まらなかったです。なんでこんなに好きなのかってくらい大好きです。
 この勢いで次は陰摩羅鬼読みます。

レビュー投稿日
2017年9月18日
読了日
2013年4月23日
本棚登録日
2017年9月18日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする