半七捕物帳 01 お文の魂

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.66
  • (7)
  • (8)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 79
感想 : 13
5

 しゃばけシリーズを読んでいて、誰かのあとがきを流し読みしていたところ、半七捕物帳の名前を目にしました。青空文庫で見たことがあったので、早速満員電車で本が読めない間に読んでみました。
 面白い!!推理小説でした!!江戸時代の推理モノです。てっきり妖怪が出てきたりする不思議モノかと思いきや、妖しいものが描かれているけど、蓋を開けたらこんなこと、と半七が謎を解き明かす。しかも明かすだけではなく、捕まえる、丸く収める。そんな物語です。
 京極さんより前にこういうものを書いている人がいたんだと、知り合えてうれしかったです。
 描写もゾッとするもので、普通に怖いです。でも、お化けや幽霊が出てこない京極堂シリーズと同じものだとわかったので、今後はビビらずに読めそうです。
 だって、お文さん怖かったよ・・・。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 岡本綺堂
感想投稿日 : 2017年9月19日
読了日 : 2014年5月20日
本棚登録日 : 2017年9月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする