ル・コルビュジエ読本

  • ADAエディタトーキョー (2014年3月26日発売)
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 44
感想 : 2
2

ル・コルビュジェの評論集を斜め読みして頭に浮かんだのは、意外にも、律令制の時代に持ち込まれた都市計画のフォーマットに乗っかっていまだに変化を続ける、この京都という街の驚異だった。

やっぱり変だ、この街は。

コルビジェを語るうえでは「モデュロール」という「単位」は外せないようなのだが、京都の街の中からもさまざまな人間の生活に必要な単位が発見できると思う。

本の中身はちょっとまとまりを欠く感じがする。既出評論とインタビューの再編集だから、仕方ないのかもしれないけど。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2015年11月10日
読了日 : 2015年11月10日
本棚登録日 : 2015年11月10日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする