カインの末裔/クララの出家 (岩波文庫 緑 36-4)

3.37
  • (8)
  • (12)
  • (25)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 156
レビュー : 23
著者 :
btominbさん  未設定  読み終わった 

おそらく人生ではじめて読み切った一冊。ヘッセの車輪の下かと迷ったが、やはりこの作品で間違いない。
カインという名を大学のキリスト教概論という講義で耳にするまで、この作品のタイトルを完全に失念していた。
カインはアダムとイヴとの長男で弟を殺したがために神に追われた放浪者である。作中の仁右衛門はこのカインの末裔として、また地上の放浪者として描かれている。初読のとき(中学生)、そのような大きなバックグラウンドがある作品だとは思っていなかった。このことを踏まえて再読して、予想外に楽しめた作品だった。わたしにとっては最初の一冊であり、最高の一冊なんだなと感じた。

レビュー投稿日
2014年2月12日
読了日
2014年2月12日
本棚登録日
2014年2月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『カインの末裔/クララの出家 (岩波文庫 ...』のレビューをもっとみる

『カインの末裔/クララの出家 (岩波文庫 緑 36-4)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする