儒教ルサンチマンの宗教 (平凡社新書 (007))

3.24
  • (2)
  • (8)
  • (12)
  • (0)
  • (3)
本棚登録 : 71
レビュー : 10
著者 :
のぶさん 哲学・思想・宗教   読み終わった 

儒教が卑賤な匹夫である孔子の、上昇志向と権力欲によって創始され、それが達成されなかったが故に、その後もルサンチマンを引きずり続けたのは判る。しかしニーチェの云う弱者のルサンチマンとはちょっと違う。そのルサンチマンの宗教である儒教が、何故、どうやって2500年に亘る中国の歴史の中で生き延び、支持されてきたかが不明瞭。著者は孔子と儒教にルサンチマンがあるのかな?

レビュー投稿日
2008年6月12日
読了日
2008年6月12日
本棚登録日
2008年6月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『儒教ルサンチマンの宗教 (平凡社新書 (...』のレビューをもっとみる

『儒教ルサンチマンの宗教 (平凡社新書 (007))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする