ベルリン飛行指令 (新潮文庫)

3.94
  • (68)
  • (96)
  • (61)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 539
レビュー : 73
著者 :
葡萄森兄夫さん 冒険小説   読み終わった 

物語の冒頭、本田技研のF1参戦史を取材するライターが奇妙な伝説に出会う。老いたドイツ人が大戦中「ベルリンでゼロを間近に見た」というのだ。ノンフィクションのような抑制された語り口で始まるプロローグから、男心をがっちり鷲掴みにされてしまう。
 第二次世界大戦の初期、日本海軍はドイツ空軍から最新鋭の戦闘機タイプゼロの実機を送るように請われる。バトルオブブリテンの空戦でメッサ―シュミット戦闘機は800キロに届かぬ航続距離で苦戦を続けており、ゼロのライセンス生産を画策したのだ。
 タイプゼロの航続距離は2千キロ超、しかし東京から欧州戦線までは直線距離で6千キロ超。しかも英国空軍が大半の制空権を握るユーラシア大陸を飛び、敵地下で補給整備をせねばならない…。なんともスケールが大きく、ロマンあふれる冒険小説である。

 初冬、横須賀の飛行場から2機の「零式艦戦」がベルリンに旅立つ。軽やかに飛び立ち、雨雲のなかに消えて行く情景が鮮やかに目に浮かんだ。零式艦上戦闘機、通称ゼロ。ゼロ戦は、誇り高き海軍の技術と美学によって生み出された美しい戦闘機だった。小説なのであるが、終始ゼロ戦の優美さが描写され、美しい機影を想起させてくれる。
 ドイツまで戦闘機を運ぶのは安藤と乾の二人のパイロット。海軍士官の美学と洗練が酔わせてくれる。 そして…。 友情と別れが胸に迫る。
 きわめて男子向けの、ロマンチシズム溢れる小説である。
                   

レビュー投稿日
2015年11月15日
読了日
2011年1月5日
本棚登録日
2011年1月5日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ベルリン飛行指令 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ベルリン飛行指令 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする