君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)

3.36
  • (32)
  • (63)
  • (172)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 582
レビュー : 99
葡萄森兄夫さん 文学・随筆   読み終わった 

 三十七人の新進作家達によるショートストーリーまたはエッセイを集めた「短篇集」。競作テーマは「 コミュニケーション、伝えたい思い 」。 
 三十七篇を通読すると、短編の多くが、売れずに苦労していた頃の思い出や、大切にしてきた記憶がモチーフであった。その為、若き作家達の夜明け前の青春群像という趣もある。ほのかにあったかい読後感を得られた。
 気軽にすらすら読める本。 

レビュー投稿日
2015年11月15日
読了日
2006年9月18日
本棚登録日
2006年9月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・...』のレビューをもっとみる

『君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする