スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ウ 4-3) (ハヤカワ文庫 SF 302)

3.92
  • (212)
  • (189)
  • (218)
  • (21)
  • (2)
本棚登録 : 1818
レビュー : 197
制作 : 和田 誠  伊藤典夫 
のっぴさん  未設定  読み終わった 

著者自身が体験したドレスデン空襲を題材にした作品。半自伝的小説。
内容は、主人公ビリー・ピルグリムが自分の意志とは無関係にさまざまな時間へ旅行する話。そのため次から次へと場面が変わる部分がある。
正直いつのまにか読み終わってしまってよくわからないが、あらゆる瞬間は過去も、現在も、未来も存在するという、考え方は面白い。そういうものだ。

レビュー投稿日
2017年4月1日
読了日
2017年4月1日
本棚登録日
2017年3月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ...』のレビューをもっとみる

『スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ウ 4-3) (ハヤカワ文庫 SF 302)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする