ブックオフで購入したのが申し訳なく思ったぐらい良い読了感でした。

おじいちゃん・おばあちゃんにヤラれてしまいました。
あの時代の街並み、空気、匂い・・・想像でしか体験できないのが残念。

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]

大きな引き出し・黒い塔・国道を降りて…が特に良かった。

ただ、このあとに出た続編は好みではなかった。
なんでだろう。

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]

登場人物のキャラがいい。
落語を勉強して,聞きに行きたくなった!

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]
タグ

A・B合わせても数ページの超短編。
その割に濃くて満足出来る。どの作家も良かった。

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]

祖父が亡くなった3年後に読みました。
みかげとおばあちゃんのような濃いかかわり合いではなかったけれど、初めて近しい人が急にいなくなって感じた消失感。
大人と呼ばれる年齢になってはいたけど私は祖父の死を、何時まで経っても上手く消化できていなかった。

そんな私にヒントやきっかけをくれた本。

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]

学生時代にシリーズ読んでました。今また、引っ張りだして読み直し中。
あの頃とは違うあこがれがありマス。でも続きを買う気には今更なれないなぁ。

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]
タグ

一気に読み上げました。後味が悪いという意見もあるみたいですが、私は合っているしあれでいいと感じました。
映画ではどうなるのかも観てみたい。


ただ本屋大賞ってのが疑問。この賞について詳しくないけども、もっと他にあるんじゃないのかしら・・・

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]

高校の文化祭で隣のクラスが演劇でやっていたけど、観れなかったので購入した想い出。
切なくて、悲しい犯罪者。愛する人を守るってなんでしょうか。
あまり読み返す話ではないけれど、ずっと手元に残してきた本。
また読もう。

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]
タグ

ミステリーではなく、普通の物語としてオススメです。
3巻全部読んでみて下さい。坂木と鳥井だけじゃなくて、登場人物全員癖がありながらも愛くるしいです。

そして出てくる美味しそうな食べ物たち。お腹減りますよ。

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]

いろんな家族の話。
笑ったり、ウルッときたり、唸ったり。
家族が恋しくなった時や、鬱陶しくなった時にはぜひ読みたい。

チマ男とガサ子はその後が気になる。

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]
タグ

作者の言う シンプルな恋愛小説 かどうかはわからないけど、何度も読み返してしまう恋愛小説です。

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]

初めての村上作品。面白くて違う村上作品にも手を出したが無理でした。

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]
タグ

生きることへの執着が人生ですね。

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]

WATERがいい。
忘れている青春のキラキラや陰りを胸に呼び起こしてくれます。

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]
タグ

東京駅を舞台に行き交う話、時代。きっとこれ以上のドラマを東京駅は見てきたのだろう。レンガの東京駅を見てみたい。

2010年5月27日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]

薄目のSFストーリー。でも、面白くて一気読み。

これと宮部みゆきの蒲生邸事件で二二六事件に興味持って、調べたりしたな。ちょこっとだけ・・・

2010年5月29日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]

この小説以上の奇跡や残酷さの事実はごろごろと戦争と生きた人々の中に刻まれているんだろう。

フィクションだから、読み終えたし、涙したし、感動もした。

今日本は基地問題で揺れているけれども、国防ってどうすればいいのか、何が正しいのか、ちっぽけな一国民は何ができるのだろうか。

2010年5月29日

読書状況 読み終わった [2010年5月27日]
ツイートする