ばいばい、アース 1 理由の少女 (角川文庫 う 20-1)

3.67
  • (59)
  • (106)
  • (127)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 830
レビュー : 63
著者 :
制作 : キム・ヒョンテ 
bukurokuidさん ファンタジー   読み終わった 

感想)・・・なんか懐かしいノリ
90年代の「ラノベ」を読み漁っていた世代としては、非常に懐かしいノリの小説でした。設定とか文章とかモチーフとか。(この本の刊行は2007年ですけど)。最近の「ラノベ」は、元々は普通の子が、なんか使命を課せられたり、異世界に飛んで冒険したりと、ある意味自分も入り込みやすい設定の話が多いけれど、そういや昔は最初から特殊な生まれとかにある主人公が多かったな~と思った。
てか、この本のジャンルって?ラノベ??

追)
4巻あとがきに書いてあった。この本は1996年発表の改訂版なんだそうで。そりゃあ懐かしい感じもするわ。。

レビュー投稿日
2012年9月7日
読了日
2012年9月7日
本棚登録日
2012年8月6日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ばいばい、アース 1 理由の少女 (角川...』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする