世界のダンジョン 冒険をめぐる情景

制作 : パイ・インターナショナル 
  • パイインターナショナル (2020年8月19日発売)
3.83
  • (3)
  • (10)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 195
感想 : 8
3

ダンジョン、目にはする言葉だが、「地下牢、ロールプレイングゲームでは迷路に似た構造を持つ空間」 なるほど。で副題の「冒険をめぐる情景」なのか。

自然の洞窟、岩山の要塞跡、発電所跡、地下鉱山、古代遺跡、カッパドキアの地下都市、地下墓地など。15×15cmの掌中の朽ちた穴の世界。

目を引いたものは
「アレクサンドル砦」ロシア、フィンランド湾。1985年に完成した海上の要塞。全体に左右対称の楕円形。航空写真がなにか孤高の歴史を物語る。103門の大砲で武装したが実際に使用されることはなかった。1899年からベスト菌を研究しワクチンを作成するための研究所として重要な役割を果たす。ペスト砦とも呼ばれる。サンクトペテルブルグ世界遺産のひとつだった。

「チャンドバオリ」インド、ジャイプール近郊。階段状の井戸。9世紀頃建造。映画「ダークナイトライジング」(2012)で使用。

表紙は「ソンドン洞窟」ベトナム。世界最大とも。1991年に現地の農民によって発見。イギリスの調査チームが入ったのは2009年。

2020.8.13初版第1刷 図書館

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 本・地理
感想投稿日 : 2021年5月28日
読了日 : 2021年5月28日
本棚登録日 : 2021年5月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする