雷電本紀 (小学館文庫)

4.03
  • (37)
  • (33)
  • (32)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 266
レビュー : 33
著者 :
BullManさん 歴史小説   読み終わった 

全1巻。
個人的にちょっと雷電を調べる必要があって読んでみる。

それほど相撲に興味が無くても引き込まれる
迫力ある取り組みの描写はすごかった。

また、雷電が伝説的強さと優しさを兼ね備えた
魅力的な人物として描かれているのも好感。

ただ、個人的には小説としては....な感じだった。
雷電の話と思って読んでみると、
ずいぶん長く別の人物の描写にページを割いていて、
その人物と雷電の友情が軸に物語は進むのだけど、
時間も人物も行ったり来たりで混乱する。
著者が小説っぽい書き方を嫌っているようだったけど、
それにしても話が見えなく、
イマイチはっきりしない印象だった。

レビュー投稿日
2014年1月20日
読了日
2014年1月20日
本棚登録日
2014年1月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『雷電本紀 (小学館文庫)』のレビューをもっとみる

『雷電本紀 (小学館文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『雷電本紀 (小学館文庫)』にBullManさんがつけたタグ

ツイートする