イー・イー・イー

3.17
  • (2)
  • (8)
  • (12)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 134
レビュー : 14
bundokimodokiさん    読み終わった 

アメリカ版舞城王太郎てな感じ。舞城作品につきものの口語体による生きた文体を他の言語に移し替えればどうなるか。つまりはそういうこと。要するに日本語話者の我々が読んでもなんやらよう分からんのである。何も考えていない阿呆な若者の頭ん中を(生きた言葉を通さずに)ただ覗き込むだけではつまらんというわけだ。別れたサラへの執着で頭の中が一杯のアンドリュー君は甘ったれてはいるが、しかしポーの詩「アナベル・リー」なんかをちょっと思わせるところがあって、そこは面白いと思った。アナベルの海辺の王国は、アンドリュー君(とサラ)のツリーハウスなのだ。

レビュー投稿日
2018年11月9日
読了日
2013年9月17日
本棚登録日
2018年10月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『イー・イー・イー』のレビューをもっとみる

『イー・イー・イー』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする