「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本

3.82
  • (9)
  • (17)
  • (9)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 221
レビュー : 25
著者 :
マエダさん 作家・作品研究   読み終わった 

ポップなタイトルと軽妙な語り口ですらすらと読める、が、なんせ量がたっぷり!
更に、紹介された小説のほとんどが国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能ということなので、これ一冊あればもう死ぬまで読み物に困ることはないのではなかろうか。助かります。

レビュー投稿日
2019年8月12日
読了日
2019年8月12日
本棚登録日
2019年6月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人が...』のレビューをもっとみる

『「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする