光圀伝

4.29
  • (572)
  • (473)
  • (152)
  • (22)
  • (6)
本棚登録 : 3000
レビュー : 535
著者 :
bunkaさん  未設定  読み終わった 

三男でありながら後継ぎになった苦悩
そして、大義のために生きた光圀の一生を魅力的に書かれていて
大変面白く読みました。

太平の世になってからの武士のあり方
家を継ぐという考え方。義への探求心
まだ医療が発達していない時代の病気の怖さ
さまざま人たちとの別れ
などなど。
いろいろ興味深い読みごたえもあった。

それにも増して
テレビでの黄門様とはひとあじ違った
光圀の魅力が存分に味わえ、泰姫、兄上、左近、読耕斎、
武蔵、保科正之等々、とても魅力的な人物がたくさんでてきて
おもしろかった。
最後、お互いの義のためにたもとを分かつことになった心を許した家臣を
打つのはお辛いことだったでしょう。

レビュー投稿日
2013年3月20日
読了日
2013年3月20日
本棚登録日
2013年2月20日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『光圀伝』のレビューをもっとみる

『光圀伝』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『光圀伝』にbunkaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする