“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)

3.92
  • (130)
  • (163)
  • (144)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 1405
レビュー : 89
著者 :
制作 : 竹岡 美穂 
bunmeiさん  未設定  読み終わった 

読む前は遠子先輩のいない”文学少女”なんて想像できませんでしたが、読み終わると間違いなく、これは“文学少女”シリーズです。「~道化」と重なるシーンの中で、姫がアトリエで「今度はおたくが、その子の手を引いてゆくのね」と言う場面が気に入ってます。菜乃ちゃんのキャラにも好感が持てました。

レビュー投稿日
2010年4月24日
読了日
2010年2月13日
本棚登録日
2010年2月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通...』のレビューをもっとみる

『“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)』にbunmeiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする