雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫)

3.52
  • (104)
  • (167)
  • (378)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 1667
レビュー : 138
著者 :
bzmatbzさん  未設定  読み終わった 

ギリシャとトルコの村上春樹による紀行文。

かなりハードな冒険で、著者としても当時は若かったからできたのだろうなと思いました。かなり昔に書かれた本なので、今とは事情も変わり色々なことが改善されているのかもしれませんが、当時は色々なことが遅れていて大変な時代だったんだなと思います。
今はこれらの町がどのように変わったのかとても気になります。気楽に行ける場所になっているのであれば、是非著者に再訪してもらって、紀行文を書いて欲しいです。

レビュー投稿日
2019年7月8日
読了日
2019年7月8日
本棚登録日
2019年7月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新...』のレビューをもっとみる

『雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする