宙都〈第1之書〉美しき民の伝説 (トクマ・ノベルズ)

著者 :
  • 徳間書店
3.32
  • (5)
  • (9)
  • (26)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 90
感想 : 12
3

●『炎都』『禍都』『遥都』と来たシリーズの続き。●未曾有の大災害に襲われた京都。
それは、恋しい一条天皇の生まれ変わりである男を手に入れるため復活した、火妖族の花紅姫の力によるものであった。
しかし、その災いすらも壮大な未来史の一部分でしかなく、やがて日本列島は文字通り分裂し、宇宙から来た闇の神々と南洋の巨神、そして人間たちとの戦いが繰り広げられていくことになる・・・。

●ま、一言で言うと、怪獣大決戦? に妖怪やら宇宙もんが絡む、みたいな??
 昔の田中芳樹みたいな勢いがあって面白かったです。て、それを言うなら幻魔大戦かしら??(←激古)
ただ刊行ペースが遅いもんだから、前の展開を忘れるんだよな・・・。
今から一気読みできる人は、むしろ記憶を掘り返さずに済む分ラッキーかもしれません。
なんせ今回、『遥都』を読んだ確信が持てずに、『宙都』を借りた後再び図書館に行って確認しちゃったもん。ああマヌケ。そして、刊行ペースの遅さについて行けず挫折中・・・。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2007年8月12日
本棚登録日 : 2007年8月12日

みんなの感想をみる

ツイートする