旅を数えて

  • 光文社
3.14
  • (2)
  • (2)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 5

注目している若手女性作家らによるアンソロジーだったので手に取った。どの作品も嫌いではなかった。最後の篠田節子氏の作品だけにドラマ性があった。若手勢はどことなくどれも似ている。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 日本のフィクション
感想投稿日 : 2011年7月29日
読了日 : 2007年10月8日
本棚登録日 : 2011年7月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする