はじめての宗教論 右巻 見えない世界の逆襲 (生活人新書)

3.64
  • (23)
  • (71)
  • (49)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 575
レビュー : 64
著者 :
c030117bさん 聖書   読み終わった 

死があるから、人は「見えない世界」について考える。
ふだん死は考えないかもしれないが、ミクロレベルでは、わたしたちの細胞は生成しては死滅している。
キリストの復活とは、キリストが夢に出て来たということ。

ユダヤ・キリスト一神教の伝統と、ローマ法、ギリシャ古典哲学を合わせて「コルプス・クリスティアヌム」と呼ぶ。

金日成の両親は長老派だった。

北朝鮮には、朝鮮社会民主党というキリスト教徒が国会議員となる特別な政党がある。

ロシア正教会では、旧約聖書を信者が読むことは今でも慎重。
共同訳聖書は学術的には優れていたが、そうであったがゆえにカトリックの側では容認できない部分が出てきてしまい、プロテスタントが妥協する形で新共同訳ができた。
ナチスは黙示録を聖書から除外した。
イエズス会は先頭集団だが、典礼問題などではけっこう妥協的。
日本でキリスト教が浸透していくには、「原罪」からの「救い」というこの2ポイントを深く思考していく必要があるかも。

レビュー投稿日
2015年12月29日
読了日
2015年12月29日
本棚登録日
2015年12月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『はじめての宗教論 右巻 見えない世界の逆...』のレビューをもっとみる

『はじめての宗教論 右巻 見えない世界の逆襲 (生活人新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする