ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

3.59
  • (2847)
  • (3419)
  • (5684)
  • (844)
  • (289)
本棚登録 : 32519
レビュー : 2235
著者 :
みさん 小説・文芸(日本)   読み終わった 

高校生のときに初めて読んだ村上春樹。
その時の印象は暗くて静か(そういうのは好きなのだけど)、あまりの性描写の多さに村上春樹は苦手だとおもうきっかけになってしまった。いみのない性描写はきらい。官能小説みたいでなんか嫌だ。
でも今回改めてきちんと考えながら読んで、この作品に於いての性というのは"生"のことなのかなという考えに至ったら、一気にすっきりとした。

生を受け入れられない直子と、まっすぐに生と向き合おうとする緑と、生の世界にありながらも直子のもつ死を見つめざるを得ないワタナベくん、死に近いけれどまだ選択の余地のあるレイコさん
全力で正直な緑が好き。死に影響されつづけるワタナベくんが生をわすれなかったのは、生命力にあふれている緑との関わりがあったからだと思う。

結局はまだまだ生きなければならないけど、生きてゆく限りは多くのものを失うことになるし、世界にはきれいじゃないものが沢山あるし、自分のかなしみのことだけ考えていく訳にもいかないし、でもそれに向き合うのが生きるということだから。
4年ぶりに読んだノルウェイの森は、生きるパワーやあたたかさを感じる作品だった。
すごくうまく組み立てられた作品。村上春樹がすごいと言われる理由が分かり始めたかもしれない。

レビュー投稿日
2013年5月6日
読了日
2013年5月6日
本棚登録日
2013年5月6日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ノルウェイの森 下 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『ノルウェイの森 下 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする