テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)

3.71
  • (103)
  • (122)
  • (133)
  • (35)
  • (5)
本棚登録 : 1016
レビュー : 138
著者 :
さっささん 時代小説・歴史もの   読み終わった 

美と教養、知性、外交力、優しさもあり、琉球王国の魅力をとても感じられた。
だから王国がなくなる手前が一番寂しかったけど、浸っている場合じゃなくあっという間に琉球処分がなされてしまい、きっと現実でも混乱のまま過ぎていったのかなと思った。そのあたりもうちょっと知りたかった。

レビュー投稿日
2019年8月28日
読了日
2019年8月27日
本棚登録日
2019年8月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)』にさっささんがつけたタグ

ツイートする