俺が生きる意味 (1) (ガガガ文庫)

3.60
  • (4)
  • (20)
  • (14)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 91
レビュー : 10
著者 :
制作 : しらび 
かりおんさん  未設定  読み終わった 

学校から出られなくなった。
突然現れた怪物たちが残った生徒たちを襲い出す。

というわけでどんどん死んでいく生徒たちとか
怪物つえーとか
空気を読めない女子とか
会話テンポのずれてる女子とか
声がでかいだけの男子とか
読んでてイライラする要素いっぱいですね。
特にあの女最悪だよな。
いろいろな作戦を駆使して怪物を殺そうとしている奴に
「そんなひどいことするの?かわいそうだよ」
みたいなこと言って躊躇させた上に
そいつが怪物に食われるシーンとか。
あんなファッキンガールこそ真っ先に死ねばいいのに。

映画とか見ててもいつも思うけど
明らかに邪魔な奴ほど長生きするよな。
キャーキャー騒ぐだけの女とか
余計なものを触る子供とか。

イライラするわー。
でも話は面白いんだよな。
ぐぬぬ。

レビュー投稿日
2013年8月18日
読了日
2013年8月10日
本棚登録日
2013年8月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『俺が生きる意味 (1) (ガガガ文庫)』のレビューをもっとみる

『俺が生きる意味 (1) (ガガガ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする