八男って、それはないでしょう! 12 (MFブックス)

3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
著者 :
かりおんさん  未設定  読み終わった 

トンネルを抜けた先はド田舎だった….
で,地図に乗ってない木っ端貴族の領地だったようで揉めに揉める.
何故最新版の地図に乗ってないんだ.
→地図を作る奴らが手を抜いたようです.
このトンネルは経済の要になるからちゃんと管理するように
→こんなクソ田舎にそんな金も人手も伝手もありません.
トンネル口の崩落を防ぐために工事がしたい
→そこは大事な畑なんだ,潰すだなんてとんでもない.
さらにその貴族の娘が冒険者としてそこそこ有名だったので
「私と決闘して勝てるような貴族がいたら嫁に成る」
とかなんとか.
はい,もうこの流れで予想できますよね.

やったね!ヴェンデリン!嫁が増えるね!

これで何人だ?
嫁5人と愛人1人と居候1人で7人囲ってることになるのか?
居候には手を出してないそうだけど
何時まで保つのやら….

レビュー投稿日
2018年4月28日
読了日
2018年4月28日
本棚登録日
2018年4月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『八男って、それはないでしょう! 12 (...』のレビューをもっとみる

『八男って、それはないでしょう! 12 (MFブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする