負けんとき 下: ヴォーリズ満喜子の種まく日々 (新潮文庫)

4.11
  • (11)
  • (20)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 94
レビュー : 14
著者 :
calla-lilyさん 小説   読み終わった 

単なる有名な米国人建築家と、華族のお嬢様の国際結婚のお話と思うなかれ。長年日本に暮らし、日本や日本人の精神を熟知したアメリカ人として、終戦後、マッカーサー副官のバーレット少佐に、「天皇陛下は国民の象徴である」と進言したのが、メレル・ヴォーリズその人である。その後、日本は天皇陛下を現人神ではなく象徴として、奇跡の復興を遂げ、先進国へと躍進する。昔からよく使っていたメンソレータムや出身校のカレッジソングにメレル・ヴォーリズが関わっていたと知り、とても身近な人物に感じたが、小説後半でこのヴォーリズ・ファイルと呼ばれる会談のことを知り、日本に多大な貢献をした人物だと驚きと感銘を受けた。
メレルのパートナーである満喜子も、華族のお嬢様として生まれながらも、新たな時代を切り拓くさまざまな挑戦をし続ける。その満喜子を、満喜子の兄の義母にあたる廣岡浅子が、良き理解者として支える。廣岡浅子が満喜子に伝える言葉もとても印象的である。
メレルも満喜子もすごい。そして、浅子も。
私は浅子のように若い人を励ますことができる人になりたい。

レビュー投稿日
2016年1月9日
読了日
2016年1月9日
本棚登録日
2015年12月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『負けんとき 下: ヴォーリズ満喜子の種ま...』のレビューをもっとみる

『負けんとき 下: ヴォーリズ満喜子の種まく日々 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする