サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

4.31
  • (528)
  • (385)
  • (130)
  • (23)
  • (7)
本棚登録 : 5611
レビュー : 432
制作 : 柴田裕之 
cameleonさん  未設定  読み終わった 

ホモ・サピエンスたちは虚構により、生き残ってきた。
神話という超壮大な作り話によって人々は考えを統一し、協力することが可能になった。
平等、自由の概念すらも全てが虚構。

この世は虚構。
筒井作品みたいだ。

人類の歴史は、地球の歴史からするとまだまだカスみたいなもの。

農業革命により人口も増え、暮らしが良くなるかと思いきや幸福度は狩猟採集民の頃より低いということは、テクノロジーが発達し続けている現代にも当てはまる。

便利すぎるが故に忙しすぎる。

自分の祖先を遡って行くと7万年前のとあるホモサピエンスにたどり着くのだろうかと、思いを馳せながら読んだ。

レビュー投稿日
2017年12月24日
読了日
2017年12月24日
本棚登録日
2017年12月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸...』のレビューをもっとみる

『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ユヴァル・ノア・ハラリの作品一覧

ユヴァル・ノア・ハラリの作品ランキング・新刊情報

ツイートする