ギッシング短篇集 (岩波文庫 赤 247-5)

制作 : 小池滋 
  • 岩波書店 (1997年4月16日発売)
4.23
  • (7)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
感想 : 9
3

『境遇の犠牲者』がよかった。
自分の才能の無さに気がついてしまったとき、更には、妻の方が圧倒的に才能があることを知ってしまった時に、自分を騙しながらかつ妻の才能を殺してしまう、という、なかなか辛い展開。。
『境遇の犠牲者』は夫本人の言葉と真逆で妻の方というオチ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年12月11日
読了日 : 2020年12月10日
本棚登録日 : 2020年11月21日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする