ヒトの心はどう進化したのか: 狩猟採集生活が生んだもの (ちくま新書)

3.21
  • (4)
  • (8)
  • (11)
  • (2)
  • (4)
本棚登録 : 141
レビュー : 16
著者 :
鴨田さん  未設定  読み終わった 

「サピエンス全史」を読む前の肩慣らしのような感覚で読んだ。
人間の脳が300万年間の石器時代-狩猟採集時代に最適化されたスペックのまま、かくも複雑で大規模な社会を(問題は多いながらも)何とか運営しているのはすごいことだと改めて思う。

レビュー投稿日
2017年12月1日
読了日
2017年12月1日
本棚登録日
2017年11月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ヒトの心はどう進化したのか: 狩猟採集生...』のレビューをもっとみる

『ヒトの心はどう進化したのか: 狩猟採集生活が生んだもの (ちくま新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする