音楽史の基礎概念

3.25
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
canalさん  未設定  未設定

バロックという語は、遅くとも1920年代の音楽史記述において、様式衰退期の名称という恥辱から解放された。それと同時に古典という概念が中性化されて、規範的なカテゴリーから時代様式のレッテルに変わる傾向が現われた。p.27

様式史の方法は今世紀の初頭、事実の瓦礫を集積するという古くさい方法に反対して、また、作曲家の伝記に頼って音楽作品を説明するという、落ちぶれた表出美学に支配された原理に反対して確立された(結局はカリカチュアに終わったのだが、因果律を見習うことによって、様式史には自然科学のような科学性に到達することが期待されたのである)。p.28

レビュー投稿日
2007年1月28日
本棚登録日
2007年1月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『音楽史の基礎概念』のレビューをもっとみる

『音楽史の基礎概念』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする