やがて哀しき外国語 (講談社文庫)

3.50
  • (127)
  • (254)
  • (529)
  • (31)
  • (4)
本棚登録 : 2443
レビュー : 174
著者 :
BluePlanetさん 随筆/エッセイ   未設定

★3.8(3.49) 2015年10月1日(初版1997年2月)発行。著者が1990年代前半米国東部(プリンストン&ボストン)に滞在したときに書かれたエッセイ集。僕もアメリカには通算9年滞在したので、著者の言わんとすることにはかなり共感させられました。確かに外国で生活すると、日本では経験しないことが次々と。誰でも小説なりエッセイが書けそうですね。そこを少しも気取らず、あるがままに伝える著者。小説だけではなく、いや小説以上に著者のエッセイは面白いかも。小説の裏側にある本当の村上春樹に触れられる本ですね。

レビュー投稿日
2018年4月15日
本棚登録日
2018年4月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『やがて哀しき外国語 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『やがて哀しき外国語 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする