三の隣は五号室

3.22
  • (15)
  • (42)
  • (66)
  • (19)
  • (10)
本棚登録 : 494
レビュー : 71
著者 :
イトウマコトさん  未設定  読み終わった 

渋谷HMV&BOOKS TOKYOで見つけた「三の隣は五号室」のサイン本を、購入!
一気に読んだ、 楽しかったなぁ。部屋が主人公というか、定点観測小説とでも呼べばいいのか。長嶋有史上でも特にテクニカルな小説のように思う1冊。登場人物たちのネーミング、家電製品や家の中のガジェットの変化そういった所がいかにもブルボン小林ぽくもあって嬉しくなっちゃう。

自分も賃貸物件居住者だけども、前に住んでいた人を知らないし次に住む人の事もきっと知らずにいるのって良く良く考えてみたら変な気がする。小説の中では、登場人物たちが緩やかに繋がっているように見えるのだけれど、同じ部屋に住んでいるのだから似たようなことを考えたりする事もあるだろうなと納得。僕の前の住人も、このスペースをどうしようか悩んだのだろうかとかね。
長嶋有は「なにも起こらない」間に大きな決断をしたり、大きな人生のうねりに飲み込まれたり、何というか「ドラマチックな展開の真っ只中」でも何も思っていない時があるという事を小説で描いていて、なにも起きていない時間やなにも思っていない時間も「生きている時間」だと思えて何だか良いのですよ。
そんな長嶋さんも15周年だそう、みんなで読もうじゃないか!オススメです!

レビュー投稿日
2016年7月19日
読了日
2016年7月1日
本棚登録日
2016年7月1日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『三の隣は五号室』のレビューをもっとみる

『三の隣は五号室』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする