和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか

著者 :
  • 講談社 (2012年9月13日発売)
3.33
  • (0)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 6
4

騙す騙さない以前に、そもそも投資先としてNG。よくわからないものに投資をしてはいけません。

本書のテーマとなっている和牛商法は、投資者が出資金を出して繁殖牛のオーナーとなり、生まれた子牛を出荷して得られた利益を配当金として投資者に還元する、という投資手法だ。

和牛商法の先駆け的存在である安愚楽牧場は、最終的に4200億円の負債を残し破綻した。
和牛14万頭を要したビジネスモデルは、最終的には新規オーナーからの預託金を配当に回すという自転車操業に陥っており、つまり経営者側はビジネスモデルが成り立たないことがわかっていながら、オーナーを募る詐欺となっていたのである。
本書は、和牛商法の当初から胡散臭さを感じていた著者氏が、破綻してからその真相に暴きにかかる、後出しじゃんけ、、、じゃない、事後検証をする一冊。

本書でもなんども指摘しているように、確かに安愚楽牧場に限って言えば、間違いなく詐欺だ。
ただし、畜産的観点からよくよく見てみれば、そもそもこんなビジネスモデルが成り立たないことはわかる。

本書で紹介されている安愚楽牧場の投資コースの例として、
100万円を払って牛3分の1頭分のオーナーになり、4年間、毎年38,000円の配当を得られるというものがある。
つまり、1年間で牛1頭あたり114,000円配当が支払われる。

一方で、農林水産省の統計では、黒毛和牛の子牛の1頭あたりの販売価格が784,652円であるのに対し、投入コストは604,730円(それぞれ平成29年度の平均)。
つまり子牛1頭を育てて、売って得られる利益は78万4千円ー60万5千円=179,000円といったところだ。

利益の3分の2が配当として持っていいかれて、そもそもの畜産経営が成り立つわけはない。

詐欺にあってしまった出資者さんは大変お気の毒だし、詐欺をやった安愚楽牧場は確かに悪い。
でもその前に、よく調べて投資先を選びましょう、っていう教訓を教えてくれる一冊です。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 投資
感想投稿日 : 2018年10月14日
読了日 : 2018年10月14日
本棚登録日 : 2018年10月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする