華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)

4.11
  • (58)
  • (68)
  • (29)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 460
レビュー : 55
著者 :
cassiioさん SF   読み終わった 

数世紀後の未来,海面の上昇によって平野部の大半が水没した世界.水上都市の官吏,主人公青澄が担当した事件は,水没世界を分割支配する各勢力の思惑をよそにやがて人類の運命を左右する大変動へとつながっていく.危機を目の前にして「外交力」により運命を切り開こうとする主人公.遺伝子工学,情報工学の発展によるSF要素がちゃんとSFっぽく説明されている.ドゥーガル・ディクソンの著書「マン・アフター・マン」や,眉村卓氏の「司政官」シリーズも再読したくなります.

レビュー投稿日
2018年4月7日
読了日
2018年4月7日
本棚登録日
2018年4月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)』のレビューをもっとみる

『華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする