くりすますのおくりもの―ロシア民話より (至光社国際版絵本)

3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 5
著者 :
castagnaさん  未設定  読み終わった 

いつもクリスマスネタを探しているので、こんな季節なのに読んでみたのだけれど~なんとこれは「しんせつなともだち」だったという事実。
そして調べてみると…「ゆきのひのおくりもの」とも同じだそうだ。

まず『くりすますのおくりもの~ロシア民話より~』(1997至光社)
くりすますのひ ゆきのひ
うさぎ(にんじん)ーろば(じゃがいも)ーひつじ(きゃべつ)-のろじか(ほしくさ)-うさぎ
「ああ、そうか。
きっと ともだちの おくりものだ。
だれかさん、ありがとう。
いただきまあす。
きょうは くりすますだったなあ。
そとでは ゆきが もう やんだようです。」

『しんせつなともだち』(1987福音館)町所蔵
ゆきがたくさんふってたべものがなくなったやま
こうさぎ(かぶがふたつ)-ろばー(さつまいも)-こやぎ(はくさい)-こじか
あおな)-うさぎ
作者方軼羣(ふぁん・いーちゅん)
訳 君島久子
画家 村山知義
「こうさぎは ちょっと くびを ひねって 
かんがえましたが すぐに わかりました。
ともだちが わざわざ もってきてくれたんだな」
原作は1955年に方 軼羣(ファン イー チュン)が中国で絵本『夢卜回来了』として発表
月刊予約絵本の「こどものとも」に掲載されたものが普及版を経て、1987年にハードカバーで福音館書店から刊行

そのあたりのことは松居直さんの著書に書かれているということで今のところはわからない。『絵本の森へ』(1995日本エディタースクール出版部)

『ゆきのひのおくりもの』(2003パロル舎)町所蔵
ポール・フランソワさく
ゲルダ・ミューラーえ
ふしみみさをやく
こうさぎ(にんじん2)-こうま(かぶ)-ひつじ(きゃべつ)ーこじか(モミのめ)-こうさぎ
「みんな なかよし。
ああ、ともだちって いいなあ!」
オリジナルタイトル『Les bons amis』
作者のボール・フランソワはロシアの絵本運動に影響を受け、1931年に「ペールカストール」シリーズを創刊
*「ペール・カストール」(ビーバーおじさん)の意味)
後ろの作者障害に本書は中国民話の再話とありました。

ロシアの民話の出典はどこなんだろう???

銀の裏地
http://plaza.rakuten.co.jp/tomoshibi69/diary/20110101/
http://plaza.rakuten.co.jp/tomoshibi69/diary/20110108/

本を旅する
http://candana.cocolog-nifty.com/travel_book/2007/12/post_017d.html

Books Orchard
http://borchard.jugem.cc/?eid=13

レビュー投稿日
2012年4月26日
読了日
2012年4月26日
本棚登録日
2012年4月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『くりすますのおくりもの―ロシア民話より ...』のレビューをもっとみる

『くりすますのおくりもの―ロシア民話より (至光社国際版絵本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする