開かれた社会とその敵 第1部: プラトンの呪文

  • 未来社 (1980年1月1日発売)
3.54
  • (6)
  • (7)
  • (7)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 229
感想 : 11
4

よい本ですが、長い。くどい。そして、やっぱり彼とはどうしても理解しあえない部分があるなあと実感いたしました。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 哲学・物理学・数学
感想投稿日 : 2005年10月4日
本棚登録日 : 2005年10月4日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする