外国人が見た日本-「誤解」と「再発見」の観光150年史 (中公新書)

3.36
  • (3)
  • (6)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 141
レビュー : 19
著者 :
cats-pawさん    読み終わった 

外国人がみたい日本と、日本人が見せたい日本のギャップ。
観光政策は、明治期から始まっていた。
箱根、軽井沢、日光は、蚊がいないことが重要だった。
感染症下、観光が再構築できるか。

レビュー投稿日
2020年12月13日
読了日
2020年12月13日
本棚登録日
2020年12月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『外国人が見た日本-「誤解」と「再発見」の...』のレビューをもっとみる

ツイートする