1Q84 BOOK3〈10月‐12月〉後編 (新潮文庫)

3.78
  • (458)
  • (814)
  • (574)
  • (120)
  • (26)
本棚登録 : 6567
レビュー : 617
著者 :
cccktさん  未設定  読み終わった 

すべてが多義的で考察しだせばキリがなくなる。最後まで説明のされない物事もたくさんあったが、「説明されないとわからないのであれば、説明されてもわからない」のだ。天吾のように、村上春樹は文章の足し引きをよく心得ていて、この小説はこれ以上長くてもいけないし、これ以上少なくてもいけないのではないだろうか。だからこそこの物語には存在するべき空白が存在し、それを私は考察によって埋め、自分なりの『1Q84』を見出さなくてはならないのではないか。

レビュー投稿日
2016年8月21日
読了日
2016年8月21日
本棚登録日
2016年8月21日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『1Q84 BOOK3〈10月‐12月〉後...』のレビューをもっとみる

『1Q84 BOOK3〈10月‐12月〉後編 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする