日本人としてこれだけは知っておきたいこと (PHP新書)

3.38
  • (35)
  • (74)
  • (110)
  • (18)
  • (15)
本棚登録 : 701
レビュー : 86
著者 :
大仲屋さん 近現代史   読み終わった 

戦後、私たちが喪ったものはあまりにも大きい。公教育でばら撒かれる歴史の捏造。歪められた皇室観。反日を是とする風潮。護憲派の偽善。私たちの「常識」は、すべてGHQの洗脳の産物である。ここから抜け出さないと日本民族は滅んでしまうのではないかと肩を落とす本。しかし、近年、ヴェノナ文書に代表される機密文書の公開が進み、真実がそのヴェールを脱ごうとしている。かつてケネディはこう国民に訴えた。「国家が国民に何かを為すことを期待するのではなく、国民が国家に貢献できることを考え行動して欲しい」と。真実が白日のもとにさらされつつある今日、日本人が自律して行動する時にさしかかっている。彼が問いかけたように。ただ、一連の情報公開で彼が容共主義者と暴かれないことを祈るのみである。余計なお世話だが。

レビュー投稿日
2014年3月14日
読了日
2014年2月13日
本棚登録日
2014年2月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本人としてこれだけは知っておきたいこと...』のレビューをもっとみる

『日本人としてこれだけは知っておきたいこと (PHP新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする