坊っちゃん (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.68
  • (776)
  • (1154)
  • (1582)
  • (144)
  • (34)
本棚登録 : 11698
感想 : 1053
3

東京生まれ、直情で気短な青年「坊ちゃん」。両親亡き後、遺産の600円で学校を卒業。四国松山の中学に数学教師として赴任。そこでの学園ドラマ。

登場人物がコミカルで、キャラクターが確立。先生方は、ニックネームで話が進む。学園コミックの原点。校長や教頭、マドンナと、キャラクター配分が絶妙で、バランスを真似したくなりますね。

坊ちゃんは、自分の意志を貫きますので、揉め事も多い。正論派ですが、なかなか、田舎の社会がしぶとく思うようには捗らない。
最後に、一矢報いるのですが、辞めて東京へ帰るんですね。この、正義の味方的な行動が、ファンが多いところだと思う。

それにしても、松山の事を、田舎だとか、温泉だけは良いとか、書いているのに、ご当地で『坊ちゃん』人気高いですよね。良い人達だ。






漱石の著名な作品ですが、全編読んだのは初めてかもしれない。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 新潮文庫
感想投稿日 : 2022年2月6日
読了日 : 2021年1月6日
本棚登録日 : 2022年2月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする